2012年03月16日

クルマ好きもここまできた



自分のクルマが好きで好きでたまらない男。

子どもの頃からクルマの模型を作ったりしていたが、5年前に中古車市場でこのクルマに出会い、それ以来すっかり惚れ込んでしまったという。「チェイス」という名前もつけている。

screenshot_22.jpg

見てわかるとおり、単なるクルマ好きではない。まさに恋愛感情を抱いている。

こうした性愛を「objectophilia(オブジェクトフィリア。物体愛)」と言うらしい。この男、クルマのことを「彼」と呼んでいることから、同性愛にもなる?

こうした嗜好は、友達や仕事をなくすきっかけにもなり、社会生活に支障をきたす可能性もあるという。

「周囲から変な目で見られないか?」という質問に対し、「みんなには秘密にしている」と答えるが、テレビに出てしまっては元も子もない。

モノに惚れ惚れする気持ちはわかるが、ここまでくるとどうも・・・でも人それぞれ!

【ポケットサイズ・自動車用テスター・SK-6500】

ビックリ分解自動車 オペル / 童友社

史上最強カラー図解 プロが教える自動車のメカニズム [単行本(ソフトカバー)] / 古川 修 (著); ナツメ社 (刊)
posted by ロカンタ at 14:05 | TrackBack(0) | 人間模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはこれくらい怒ってみたい

なんか知らないけど、この人すごく怒ってます。



ゴミが出てこなくていらだったのか、仕事自体に嫌気がさしたのか、あるいはこの家の人に恨みでもあるのか。

アメリカ映画とかで、日本では考えられないほど怒りをあらわにする登場人物がいるけど、たまにはこれくらい怒ってみたいものです。

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える [単行本(ソフトカバー)] / 水島 広子 (著); 大和出版 (刊)

怒り(心の炎の静め方) [単行本] / ティク・ナット・ハン, Tich Nhat Hanh (著); サンガ (刊)

怒りについて 他二篇 (岩波文庫) [文庫] / セネカ (著); 兼利 琢也 (翻訳); 岩波書店 (刊)
posted by ロカンタ at 03:51 | TrackBack(0) | 人間模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。