2012年02月18日

137億光年を3分で旅する



地球から宇宙の果てまで、137億光年をわずか3分でズームアウトしていく動画。

きれいやね。

いったいどんなソフトで再現しているのか調べたら、ここにたどりついた。
国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト

ソフトはこれ。
Mitaka
Mac版、その他派生版はこちら。
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/mtk_dev.html

研究用につくられたプログラムで、国立天文台の立体視シアターの上映に使っているとのこと。最終アップデートは2010年12月。

screenshot_09.jpg

宇宙空間を自由自在に行き来する、なんてことはできないが、惑星や探査機、恒星のいくつかには接近できる。

「こんな超高速でズームアウトしたら事象の地平面を超えてしまうはずだ」
「ソフトでは137億光年の宇宙全体を見渡すことができるが、実際は宇宙の外は端的に無であり、こんなふうには見えないはずだ」

などと、おたくなツッコミを入れながら楽しむもよし。

宇宙の広大さと同時に、地球や自分のあまりのちっぽけさを痛感するソフトである。

もっとも、地球がいかにチリみたいな存在であろうと、僕は今日のおまんまにありつくためにチマチマと働かなければならないのだが。

4次元デジタル宇宙紀行Mitaka DVD−ROM付 (ブルーバックス) [新書] / ビバマンボ (著); 小久保 英一郎 (監修); 講談社 (刊)
posted by ロカンタ at 17:23 | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252911448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。